有鄰庵でしあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ(本物の倉敷街歩き)

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ 岡山の話題
SPONSORED LINK

有鄰庵でしあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ(本物の倉敷街歩き)
有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

本物の倉敷まち歩きツアーに参加。
美観地区にある有鄰庵でしあわせプリンと卵かけご飯をいただきました。

営業開始時間の11時には有鄰庵の前には長蛇の列ができていました。
今日はツアーのため並ばなくても大丈夫!私たちの席は事前に確保されています^^

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

行列を尻目に店内へ、お店の奥の座敷のくるま座へ案内していただき卵かけごはん、その後で2週間後には幸せが訪れる!!というしあわせプリンをいただきました。

空っぽのお茶碗とお椀とお箸と、薬味のすりおろししょうがそれぞれの前へ。
有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

ご飯、卵は食べ放題。自分ですきなだけよそっていただきます。
お醤油はたまごかけごはんをよりおいしくするために工夫をしたオリジナルの黄ニラ醤油。

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

醤油はツボに入っているのを杓子ですくっていただきます。

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

薬味の天かすとのりふりかけもあります。

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

おひつに入ったごはんが来ました。
最初に用意していただいたおひつには「奇跡のりんご」で有名な青森県のりんご農家、木村さんが栽培したお米ということ。無農薬の有機栽培のお米です。

早々いただきます!
お醤油は甘めです。でもコクがあります。黄ニラの味とか香りはわからなかったけどいろいろな調味料と混ざってひとつの味になっているんでしょうね。
お米も噛めば噛むほどおいしさが増していて卵とお醤油とのうまみを堪能できます。
でもたくさん食べたいので少々早めにごはんをかきこみます。

回りの人も食べるのに一生懸命です。最初のおひつがからになって次に出されたおひつには倉敷で作った有機栽培のお米です。こちらもおいしいけどやっぱり木村さんのお米のほうがおいしく感じました。おなかがある程度いっぱいになっていたせいかもしれません。

シンプルな卵かけごはんに飽きてきたら薬味をかけて食べます。
天かす、ふりかけ、おろししょうがで味に変化ができて楽しんでいただけました。

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

特におすすめはおろししょうがをかけて食べる食べ方です。たまごかけごはんのフィニッシュにはこちらの食べ方がおすすめです!

食事のあとはいよいよ楽しみにしていたしあわせプリンの登場!
プリンにはいろいろな顔がある描かれているそうです。
どれでも好きなものを選べます。

セットの飲み物は紅茶をいただきました。紅茶は焼き物のマグカップに入っていましたが、桃ジュースを頼んだ人は桃尻カップにいれてもらえます。とってもユニークなカップ。次回はこれを頼もうと思いました。

スプーンにも顔マークが。スタッフの遊びごころがうかがえます♪

有鄰庵 しあわせプリンと卵かけご飯を食べたよ

しあわせプリンの味は濃厚なプリン。でも甘さ控えめであと口もすっきりしていました。

このしあわせプリンは食べた2週間後に幸せがやってくるということ。
ほんまかいな・・??と、半信半疑でしたが、実際に幸せがやってきた、結婚した!!というお礼のメッセージノートがすでに4冊もありました。

しあわせプリンは1日限定80個。以前は200個作っていたそうでしが、作る人が幸せでなくなってきて(忙しすぎる)80個にしたそうです。なくなりしだい終了です。なのでお持ち帰りはできません。

しかし、2週間後に幸せが訪れて有鄰庵にメッセージの書き込みに来てくれた人にはしあわせのおすそ分けということで4つまでお持ち帰りができるようです。

2週間後にまた来れますように( ̄人 ̄)

本物の倉敷まち歩きツアー

今日のイベントはJTBの日帰り旅行「アンティークな魅力を体感、本物の倉敷 まち歩き」という5時間半ほどのツアーでした。

11時⇒有鄰庵前に集合、たまごかけごはんとしあわせプリンをいただく⇒倉敷民芸館で学芸員さんのガイドで館内をめぐる⇒重要文化財のはしまやで当主のお話しと普段入れない室内を見学させていただきく⇒はしまやカフェ(夢空間)で抹茶とわがしのおもてなし⇒解散(16時30分ごろ)
という日程です。

有鄰庵では代表中村さんと有鄰庵ゲストハウスのおかみの山田さん(まだ20後半と思われる若い女性)のお話しもありました。
内容は有鄰庵ができたいきさつやおかみの山田さんが倉敷に観光に来て有鄰庵のゲストハウスを利用したのがきっかけでそれからずっと居着いて倉敷の住民になったことや、海外から有鄰庵を指名してやってくる人も多いということです。
有鄰庵のゲストハウスを利用した人で倉敷の住民になった人は他にもいるそうで、それもびっくりな話でした。

有鄰庵は古民家を現代風に使いやすくするのではなく建てられた当時そのままの状態をキープしてあって、室内、外観とも日本の民話にでてくるような異空間でした。座敷で車座になって食事して話を聞くなんて他ではありませんね。

倉敷民芸館 学芸員さんの案内で館内をめぐる

倉敷や国内のものだけでなく世界の珍しい日用品が展示されています。建物は米蔵を改造したものでとても静かな空間。
箪笥など、国別ではなくコラボした展示も面白いと思いました。国々の特徴もよくわかります。

倉敷民芸館

器の展示もいろいろありました。

倉敷民芸館

館内をくまなく案内してもらった後は街を歩きながらはしまや邸へ向かいます。
徒歩で10分ほどですが、その間も街から見える景色や建物、お店についても有鄰庵の中村さんがガイドをしてくれてこれもよかったです。普通、見逃すようなところも細かい説明を聞くとなるほどと思ったり、入りにくそうなお店でも何を売ってる店かもわかるし親しみが持てて入りやすいです。
だんだんと倉敷の街に愛着を感じるようになります♪

はしまや 倉敷市重要文化財(楠戸家)を見学

はしまや重要文化財

はしまやへ到着です。
暖簾をくぐって店内に入ってすぐはNHK連続テレビ小説「あさが来た」の加野屋みたいな帳場がありました。歴史を感じます。

当主の方が出迎えてくれてはしまやの建物の歴史を教えていただき、座敷にも上がらせていただきました。
中庭にはみごとはさつきの木があります。さつきの花が咲く時期にはどの部屋からも花が見渡せるようになっています。このときだけは一般の人でも観覧させていただけるようです。

建物ですが、すごいのひとこと。今修復となると費用以上に材料がそろわないと話されていました。
廊下の木は桜の木を使っていて丈夫な反面汚れが付きやすいということです。足の裏の汗の跡や雑巾がけの仕方でも跡がつくそうです。
以前は奉公をしている方が担当で拭き掃除をしてたそうですが、その方に引き継いで今の当主さんが若かりし日に雑巾がけをされていたのだそうです。
奉公人さんが久しぶりに来てさくらの木に雑巾がけをした跡がついていると指摘されて拭き方を教わったそうです。
雑巾がけはたいてい、左から右へ移動、下に下げて右から左へぞうきんを移動しる拭き方ですが、それではだめなんです。ぞうきんを止めたところに力が入ってそこに跡がつくそうです。
掃除のやり方は左から右、また左から右に、これが桜の木のぞうきんがけの仕方だそうです。
いろいろ難しいですねー。

廊下に続く敷居も同じ桜の木1枚から削って作っているそうです。建築年数が経過するのにつれ敷居も歪んできますが、さくらの木はびくともしてないそうです。スムーズに開け閉めができるとおっしゃってました。

柱の見事さとか、畳も特殊な製法で50年は持つということです。
波打った歴史を感じるガラスが家じゅうに使われていました。一枚ガラスは見事です。これはドイツからの輸入品で吹きガラス。まだ一度も割ったことがないというのにはびっくりです。(一枚だけヒビを入れたところがるということ。それは当主さんが力を入れすぎてヒビ。とても繊細なガラスなので泡タイプの窓掃除スプレーなどでも傷がついてしまうのだそうです)
維持するのも大変ですね。

その後に屋敷の裏手にあるはしまやカフェへ。路地を通っていきます。

かしまやカフェ(夢空間)

はしまやカフェは米蔵を改装したものです。はしまやの奥様が経営なさっています。
路地の奥で知らない人にはわかりにくい場所ですね。
こちらでお抹茶と和菓子をいただきます。

はしまやカフェ(夢空間)

しばし休憩をして解散です。

まとめ

美観地区といっても私が知っているのは倉敷川沿いの一角だけ、路地の奥には入ったことはなかったんですが、時間を忘れますね。自分がタイムスリップしたように感じました。
とっても内容の濃いディープな街歩きツアーでした。

※ほんとうはお金のことは触れたくなかったんですが、でもやっぱり一番気になるところです。
ツアー料金は現地集合で2500円。

単純に計算しますね。

  • 有鄰庵でたまごかけごはん、しあわせプリン飲み物セットで1300円
  • 倉敷民藝館 大人700円
  • はしまや夢空間カフェ お抹茶セット500円
以上で2500円です。ツアー料金と同じでした!

一人でいくより待ち時間もなく有鄰庵のプリンと卵かけごはんが食べられて、街案内もしてもらえて、通常では見学不可のはしまやさんの室内を拝見できるし、めちゃ内容の濃いお得感のある旅でした。
このツアーを知ったのは山陽新聞で中国銀行が提案する一般的なツアーでは訪れない隠れた名所や観光スポットという企画です。
関連記事:卵かけご飯 かめっち vs. 有鄰庵 どっちがおいしい?比較してみた
(公開:2016/02/01)


SPONSORED LINK

コメント