ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました。50食限定

ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました 岡山の話題
SPONSORED LINK

ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました。50食限定
ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました

ふなめしは岡山南部の郷土料理。期間限定で県庁や市役所で食べられる企画。
早々食べてきました。ふなめしを食べるのは初めてです。口コミ感想。

岡山県庁の食堂へ行くのも初めてです。受付で聞いて、庁内のコンビニの横を道なりに進むと食堂が入る南館へ到着。入り口には看板が合ってすぐにわかりました。

役所の食堂だけにリーズナブルな料金でした。
ふなめし(丼)と小鉢、お味噌汁、漬物付き470円

ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました

そぼろになったふなと冬野菜を一緒に煮たものをご飯にかけたどんぶり。つゆだくでおいしそう。
ごぼう、人参、里いもなど、野菜が豊富です。

田舎のおばあちゃん家でむかし食べたごはんのことを思い出しました。懐かしいレトロな丼と云うイメージ。
ふなですがふな寿司のイメージが強くて臭いという印象であまり好意的には思ってませんでした。

しかし、岡山の児島が生産量が全国一位ということで一度は食べてみたいと思って来ました。
食べる前に臭ってみましたが臭みはありません。

ふなめしを岡山県庁食堂で食べてきました

小さな骨もいっしょに叩いてミンチにしているんですね。
口に含んだ食感で小さな骨?軟骨のような塊に当たることがあります。
ごく小さいので怪我をしたりの心配はありません。

ふなは今が旬で脂がのって一番おいしい時期ということでしが、以外にあっさり味でした。冬野菜に合わせやすいですね。

普段濃いめの味付けに親しんでいるのでちょっと味が物足りない感じがしましたが、野菜がいっぱいで栄養豊富。風邪予防にもなりますね。付け合せの小鉢でも緑黄色野菜が摂れました。

お味噌汁もアツアツ。
今日は寒かったのでお腹にしみる温かさは格別でした。
50色限定ということで早目に行きました。11時30分ごろに付きました。
また県庁の職員さんのお昼休憩時間より前で食堂も空いていてゆっくり食べられました。

伝統どおりのプレーンなフナめし以外でも岡山の人気食材と合わせた創作ふなめしなどの誕生も期待したいです。各テーブルにふなめしの歴史やふなの種類、ふな漁の仕方やふなめし料理が食べられるところ、ふなミンチを販売しているところなどを記載したものがあって分り易かったです。
期間限定でしか食べれない貴重な料理を頂きました。

岡山県庁では21日、22日に各50色 470円
県民局 1月27日、2月26日(11時半から)460円
岡山市役所 2月8日、9日(11時50分から)450円

だんだん安くなってる。もう一度いこうかな。
(公開:2016/01/21)


SPONSORED LINK

コメント