あさのあつこさんの新作「透き通った風が吹いて」(岡山のベストセラー作家)発売

岡山の話題
SPONSORED LINK

あさのあつこさんの新作「透き通った風が吹いて」(岡山のベストセラー作家)が本日(11/27)から販売開始です。

1127-1

透き通った風が吹いて [ あさのあつこ ]

今回の小説はあさのあつこさんが初めての地元を舞台された小説を書かれたということで話題です。

あさあつこさんはNHKでドラマにもなった小説「バッテリー」は、
1000万部を変えるベストセラーとなり、数々の賞を受賞されました。

ドラマで主人公の原田巧役のジャニーズ、中山優馬さんや榮倉豪役の高田 翔さんもよかった。
ドラマが放送された当時は彼らは14歳です。もう7年も前のことなんですね。
ドラマが話題でおもしろくて必至に見てた記憶があります。



バッテリー [ あさのあつこ ]

新作「透き通った風が吹いて」も野球部を引退したばかりの高校生の男子が主役のようです。「バッテリー」の続篇かと思いましたが、主役の名前が違うのでこれはまた別の物語ですね。

あらすじ:高校3年生の夏。野球部を引退したばかりで、未来が見えずにいる渓哉は、ある日偶然、道に迷っていた美しい女性・里香を案内することになる。里香は「逢いたい人がいる」というが…。心が澄み渡る青春小説。

あさのあつこさん:1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師を経て、作家デビュー。「バッテリー」シリーズで小学館児童出版文化賞、「たまゆら」で島清恋愛文学賞を受賞。

あさのあつこさんはNHKのもぎたてニュースにたまに出演されていますが、依然よりほっそりされてますが、執筆活動を忙しくされてるのでしょうか。

「透き通った風が吹いて」は未来屋書店始めネット通販でも販売中です。
(公開2015/11/27)


SPONSORED LINK

コメント